• メルマガ登録
  • キャンペーン情報
  • コース一覧
  • 料金表
  • 初めての方へ
  • 受講者様の声
  • 受講生様インタビュー
  • 細胞美®協会
  • お申し込み・資料請求
  • 無料説明会

アカデミー情報

03-6427-5387 東京校・新松戸校・大阪校共通電話

電話受付
10:00~19:00(月曜除く)
定休日
月曜日
アクセス

東京南麻布校

日比谷線「広尾駅」より徒歩6分

千葉新松戸校

常盤線「新松戸駅」より徒歩8分
武蔵野線「新松戸駅」より徒歩8分

大阪校

御堂筋線「本町橋駅」より徒歩9分
御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩10分
四ツ橋線「肥後駅」より徒歩7分

HOME > How to 健康 > アーカイブ > 2019年12月

How to 健康 2019年12月

アルファリポ酸

●アルファリポ酸の特徴と適応

  目次
1.歴史
2.適応
3.成分特徴
4.ダイエット効果
5.組み合わせ


 1.歴史
アルファリポ酸は、日本では医薬品のみに使用が許可されていた素材で、2004年より食品についても使用が許可されました。アルファリポ酸は1950年代に発見された後研究が進み、サプリメント先進国アメリカでは1990年代より、アルファリポ酸の抗酸化作用に注目して、ダイエット、アンチエイジング、スキンケアのためのサプリメント素材として使用され、その代表的な存在となっています。



2.適応
・脂肪燃焼ダイエット効果
・若返り抗酸化作用
・皮膚の再生・美肌効果
・肝機能向上、ボケ防止


3.成分特徴

アルファリポ酸は体内で生産され、クエン酸回路(TCAサイクル)※摂取した脂肪を燃焼して体外に排出するサイクルの中心的な成分です。しかし、アルファリポ酸の体内生産量はごく微量で、また加齢とともに生産は低下します。したがってアルファリポ酸を体外から摂取する必要があるのです。

特徴は、強力な抗酸化作用と分子が非常に細かい事、そして水溶性、脂溶性がある事でしょう。つまりアルファリポ酸は体中の全細胞、内臓はもちろん皮膚の毛細血管や脳までにも、その抗酸化作用を広げてくれるのです。そしてアルファリポ酸のもう1つの特徴は、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンなど他の抗酸化成分を再生させて再利用する効果がある点です。人体の健康維持にとって極めて重要な成分である事が理解いただけると思います。



4.ダイエット効果
アルファリポ酸には、体内のミトコンドリアを活性化する作用があり、摂取した脂肪を燃焼しやすく し、燃えやすいカラダ作りを補助する効果があります。またアルファリポ酸には、血中のブドウ糖の排出をスムーズに行なわせる働きがあります。日本人の主食である米、パン、パスタに含まれる炭水化物は体内でブドウ糖となり、これが肥満の原因ではないか、という理論があり炭水化物を摂るのを控える「低炭水化物ダイエット」が流行していますが、アルファリポ酸を摂取し血糖値を安定させれば、美味しく食事を楽しみながら、低炭水化物ダイエットと同様の効果が期待できるかもしれません。



 
5.組み合わせ
若返り・アンチエイジング効果
アルファリポ酸の抗酸化作用は非常に強力です。またアルファリポ酸の特徴の項でも触れましたが、コエンザイムQ10やビタミンCなど他の抗酸化物質が体内で使われた後もそれらを再生しリサイクルさせる働きがあります。そして水溶性、脂溶性のあるアルファリポ酸は体のすみずみまで効果を広げ、美肌効果、肌の再生、脳の活性化によるボケ防止、血流を活発にして肩こり、冷え性の改善など、まさに究極の若返り、アンチエイジング作用のある素材といえます。

アメリカでは、一般的にデトックス療法の素材として、ビタミンC、ビタミンE、セレニウムとの組み合わせで使用されています。

 


1

« 2018年3月 | メインページ | アーカイブ

資料請求/お申し込み