• メルマガ登録
  • キャンペーン情報
  • コース一覧
  • 料金表
  • 初めての方へ
  • 受講者様の声
  • 受講生様インタビュー
  • 細胞美®協会
  • お申し込み・資料請求
  • 無料説明会

アカデミー情報

03-6427-5387 東京校・新松戸校・大阪校共通電話

電話受付
10:00~19:00(月曜除く)
定休日
月曜日
アクセス

東京南麻布校

日比谷線「広尾駅」より徒歩6分

千葉新松戸校

常盤線「新松戸駅」より徒歩8分
武蔵野線「新松戸駅」より徒歩8分

大阪校

御堂筋線「本町橋駅」より徒歩9分
御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩10分
四ツ橋線「肥後駅」より徒歩7分

HOME > How to ハーブ > 2ページ目

How to ハーブ 2ページ目

エキナセア・海藻・キダチアロエ・ギムネマ



◆エキナセア メディカルハーブ
使用部位:地上部・根部

歴史   
アメリカ先住民が昔から風邪や歯痛、伝染病などの治療に使ってきたメディカルハーブ。現在、欧米で日常的によく利用されています。

適応   
免疫系の強化、抗ウイルス、抗菌など
風邪やインフルエンザ、アレルギー、感冒による炎症症状、膀胱炎などの尿路感染症や炎症

製品特徴
エキナセアは、軟膏や液状のものもあり、治りにくい傷ややけど、ウイルス性の潰瘍の治療や抗生物質を使った長期の治療にも補助的に使用されています。
1994年にミュンヘン大学が行った研究では、エキナセアが骨髄とリンパ組織の幹細胞を刺激し、感染と戦う強力な白血球を多く作り出すことが明らかになり、このために免疫機能が強化されていることがわかりました。
また、NK細胞の活性化、インターフェロンの産生、ウイルスのDNAを破壊する酵素の放出などが他の研究でも発表されています。

注意事項   
※エキナセアには毒性はないのですが、まれに下痢などの軽い副作用がでる場合があります。
※自己免疫性疾患,肺結核,糖尿病,エイズなどの病気の場合はエキナセアの摂取は禁忌です。
※キク科の花にアレルギーのある人も摂取を控えてください。

♡ワンポイントアドバイス   
感染症にかかっている、免疫力が低下している、風邪やインフルエンザの季節花粉症の季節は、毎日の摂取をおすすめします。


◆海藻
使用部位:藻海藻

歴史    
青森県亀ヶ丘の泥炭遺跡では、縄文式土器(縄文時代;紀元前300~6000年)とともにわかめなどの海藻が発見されています。当時の人々がどのように海藻を食べていたかはわかっていませんが、塩を作る技術が無かったことから、海藻を食べる重要な目的の一つは塩分の補給だったと考えられています。

適応    
食物繊維は、コレステロール、胆汁酸、脂肪、ブドウ糖、ミネラルなどの吸収を一部阻害、生活習慣病予防

特徴    
天日で干している為、ビタミン・ミネラルが生の5倍から6倍になっているものを粉末化して、粒にしています。特にナトリウム・カリウム・カルシウム・マグネシウム・βカロテンは、100mg中の含有量が4桁になるなどと高い値になっています。
また、多くの病気との関連が指摘されていますが、海藻にはその乾燥重量の40~60%の食物繊維が含まれており、まさに食物繊維の固まりといえます。
また、人体に必要なミネラルは90種類あるのですが、そのうち陸上植物には60種類しか含まれていません。しかし、海藻は必要なミネラル分を全て含んでいて脂肪の新陳代謝、皮膚や髪の健康に役だっています。

※禁忌事項
甲状腺機能が亢進している人には禁忌。必ずお医者様の指導を受けること。


◆キダチアロエ メディカルハーブ
使用部位:葉部

歴史    
アロエは約4,000年前のエジプト時代から広く親しまれ、「医者いらず」などとも言われています。

適応    
成分のアロイン(苦味成分)・瀉下、健胃、抗菌など。
アロエエモジン(苦味成分)・・健胃、緩下、瀉下、殺菌作用、胃液の分泌を盛んにする、胃腸の不調に。
大腸内の水分を増やし、腸を活発にする、胃液の分泌を盛んにする、解毒作用が肝臓を助ける。  

製品特徴    
アメリカなどではアロエといえばアロエべラを指すようですが、日本ではキダチアロエが一般的です。アロエの薬効成分のほとんどは緑色の葉の部分に含まれているますが、半透明のジェル部分にも抗炎症作用をする成分や保湿作用をする成分が含まれています。
アロエは多肉植物で、高濃度のポリフェノールを代表する抗酸化物質、殺菌作用物質、食物繊維、タンパク質、ビタミンA,B,C,Eを含み、多肉部分には豊富な多糖体とミネラルを含んでいます。効能は、細胞活性化、免疫活性化、抗炎症、抗菌、抗潰瘍、痛み物質分解など広範囲にわたります。
血管に弾力を与える火傷、傷、虫刺されには新鮮な葉を切り開き、葉肉の透明なゼリー状部分を貼りつけると効き目があるとされていて、この作用は、アロエクチンBが免疫系を刺激して、患部に防御膜を張り、傷の治りを早める能力があるからとされています。

注意事項
アロエは体を冷やしますので体が冷えて衰弱しているときは避けましょう。
また、月経生理中や妊娠中は使用を避けて下さい。


◆ギムネマ メディカルハーブ
使用部位:葉部

歴史    
インドの古典的医学書「アーユルヴェーダ」では「余分な糖を壊す植物」として 紹介され、健康維持に2000年以上も昔から使われてきました。

適応    
甘味阻害、糖の吸収抑制、血糖値上昇抑制、肥満予防、便痛改善、虫歯予防(虫歯菌の持つ酵素の活性を阻害して歯垢ができるのを防ぐといわれています。)

特徴    
ギムネマの主成分はギムネマ酸です。
ギムネマ酸とは、トリテルペンを骨格としグルクロン酸や数種の脂肪酸が結合した配糖体(非糖成分に糖がグリコシド結合した化合物)を言います。砂糖に構造が似ており、砂糖の甘味を感じる舌のみらいに結合して、その後ブドウ糖の分子がそばに来ても結合する事が出来なくなると言われています。その為に 1~2分で甘味を感じなくなり、回復に1時間以上かかります。このような味覚物質の味を変えるものを味覚修飾物質と呼びます。
この働きは甘味を持つ食品への食欲減退効果があります。
さらに糖分吸収抑制作用があります。ギムネマと一緒に食事をすると小腸からの糖分の吸収が抑制されて、糖分を摂取しないのと同じ作用が得られ、血液中の血糖の抑制をサポートするといわれています。
肥満のコントロールに有効とされています。

注意事項    
副作用はとくに認められていませんが、妊娠中、授乳中の安全性は確認されていません。また、ギムネマ酸は小腸でブドウ糖の吸収を抑制する働きがあるといわれるのでインスリンはもちろんのこと、経口糖尿病薬との併用の際も低血糖の起こる可能性があり、注意が必要です。

アガリクス茸・アスタキサンチン・イチョウ葉・エゾウコギ



◆アガリクス メディカルハーブ
使用部位:子実体・菌糸体

歴史
ブラジル、サンパウロ郊外のピエダーテ地方(ピエダージ、タトゥイ、ソロカバ)で自生するアガリクスに注目が集まったのは1960年代初頭でした。ピエダーテ地方では昔からガンや高血圧など生活習慣病の発生が少ないことに注目して、米国の研究ティームが結成され本格的な研究が始まりました。 ピエダーテ地方の人たちにとっては『神のきのこ』と呼ばれるほどに貴重なもので、 インカ帝国の時代から伝承されてきたものでした。

適応
抗菌、抗ウィルス、代謝改善、抗腫瘍

特徴
キノコの本体は良質なタンパク質・アミノ酸から構成され、高価不飽和脂肪酸・食物繊維・ビタミン類を豊富に含んでいます。また、土壌の成分を反映しやすい構造になっているため、栽培地の土壌が豊饒であれば、キノコの成分も豊かなものになります。 ベータDグルカンをはじめとするさまざまな生理活性物質を含んでおり、これらの生理活性物質には抗菌、抗ウィルス、代謝改善、抗腫瘍などのさまざまな機能が実験的に証明されており、その成分が薬物として製剤化されているものも多くあります。 ベータDグルカンは多糖蛋白とよばれる物質で、身体の免疫機能に作用します。 免疫機能とは自分の体を構成しているものとは違ったものが侵入、または出現したとき、それを排除する仕組み。 免疫機能を担う細胞はリンパ球、マクロファージ、好中球、好酸球、好塩基球などがあり、それぞれに相互作用を及ぼして人間の身体を外敵から守っています。 ]

注意事項
慢性肝炎の症状がある人の場合、アガリクスの利用を開始後、      
一過性にGPT(ALT)が変動(上昇)することがあるといわれています。


◆アスタキサンチン
使用部位:藻海藻

歴史
地球上に藻が生まれて、空気上に酸素がたくさん含まれるようになると、色々な動物が生まれてきました。藻はもっとも古い生命力の強い植物です。

適応
活性酸素が原因となって起こる疾病の予防・改善

特徴
アスタキサンチンは、ヘマトコッカスという藻類の一種に含まれます。それが食物連鎖により赤色の魚介類の体内に蓄えられています。カロチノイド系色素の一種で、
エビ、カニなどのアスタキサンチンはタンパク質と結合して青緑色で存在しています。加熱や酸処理を行うことでタンパク質から分離して赤色になります。また体内で必要量だけビタミンAに変ります。抗酸化力はビタミンEの約1000倍、β-カロチンの100倍で、自然界最強の抗酸化作用をもつ物質といわれ、血液に乗り全身で抗酸化力を発揮します。特にアスタキサンチンは選ばれた物質しか通過できない血液脳関門を通過できるので、脳の活性酸素を撃退するのに活躍します。


◆イチョウ葉 メディカルハーブ
使用部位:葉部

歴史
イチョウの歴史は非常に古く、地上に出現したのは2億5千万年前といわれています。何度も地球規模の大変動に耐え、今現在も生き延びている生命力の強い樹木です。
イチョウの実であるギンナンは、日本や中国で古くから食用にされていたほか、民間療法で咳止めや 夜尿症治療、強壮剤などに利用され、葉は、胃腸障害治療などにもちいられていました。 
科学的な面からのイチョウ葉の研究は欧米ではじまり、その効用があきらかにされたのは1960年頃。ドイツの薬品メーカーがイチョウ葉の中に、脳梗塞や脳血流障害に有効な成分を発見したのです。現在、ドイツ、フランスは、イチョウ葉エキスの効果が臨床的に認められています。 

適応
血行促進、生活習慣予防、老化防止、アレルギー症状予防、活性酸素除去
高血圧、抗酸化作用、血流を改善、脳機能の改善、認知症予防、      
記憶力のアップ、アレルギーの原因因子を抑えるサポート、耳鳴り、めまいの改善

特徴
アレルギー物質といわれるギンコール酸は、規定のギンコール酸濃度5ppm以下
フラボノイド約24%、テルペンラクトン約6%以上を含有しています。
現在,イチョウ葉エキス製品は日本において食品衛生法により、一般食品(健康食品)として取り扱われていますが,ドイツをはじめ世界55カ国では医薬品となっています。
イチョウ葉には、強い薬効成分としてフラボノイドとギンコライドが含まれます。
イチョウの葉エキスにはキンコライド以外にも多種類のフラボノイドが含まれており、そのいくつかは、イチョウにしかみられないものです。
植物色素であるフラボノイドは、血の巡りをよくする働きがあります。
また脳細胞の働きを活性化します。若木の葉の抽出物で、主体となっている活性をもった物質ギンコライドは、脳内の活性酸素を防止し、脳細胞を守ることが報告されています。このために痴呆症の予防に大変有効な訳です。
それに加えて、体内の血液循環を促進しますので、生活習慣病から肩こり、冷え性にまで幅広い適応が期待できます。

注意事項
イチョウ葉抽出物には血液凝固を阻止する(血液を流れやすくする)働きがあります。
したがって血友病の患者やワルファリンなどの抗凝固薬、
血栓溶解薬との併用や手術等を行う際には必ず医師に相談して下さい。


◆エゾウコギ  メディカルハーブ
使用部位:藻海藻

歴史   
中国古代の数千年前から伝承されてきた薬用人参(朝鮮人参・高麗人参)と同種のウコギ科に属し、実の兄弟であります。1960年代に、旧ソ連の科学アカデミーの研究チームが、朝鮮人参とエゾウコギの類似について調べを進めるうち、エゾウコギには朝鮮人参にまさるとも劣らない効果があることに気がつきました。以来、さまざまな実験・研究がおこなわれ、成分や薬効もくわしく解明されてきました。

適応   
体力維持、強化、ストレス、生活習慣病予防、更年期の不調、冷え性、疲労などの予防や回復、自律神経失調症改善、血圧異常の改善、体質強化

特徴   
エゾウコギは、中国古代の数千年前から伝承されてきた薬用人参(朝鮮人参・高麗人参)と同種のウコギ科に属する植物です。アジア北東部や北海道北東部に自生します。モスクワオリンピックが開催された時、当時のソ連の選手がウコギエキスを飲用して大活躍したことから世界的に脚光を浴び、スポーツ界からは特に注目されました。長野オリンピックで大活躍した日本ジャンプ陣も飲用していました。
有用成分の一つである『イソフラキシジン』はリフレッシュ対策として、世界でも注目を集めています。

□有効成分     
・エレウテロサイドA   
コルステロールの排泄サポート、抗腫瘍、鎮咳

・エレウテロサイドB・D・E    
抗疲労、抗ストレス、性線刺激、抗アレルギー、抗リウマチ

・エレウテロサイドB、イソフラキシジン    
鎮静作用、不眠症、物忘れ、性線刺激、高血圧

※注意事項   
心臓の薬(抗不整脈薬)ジゴキシンを摂取している人は控えてください。

アガリクス茸・アスタキサンチン・イチョウ葉・エゾウコギの続きを読む

WEBサイトをリニューアルしました

WEBサイトをリニューアルしました。
今後ともよろしくお願いいたします。


<<前のページへ12

アーカイブ

資料請求/お申し込み